ミサンガの結び方【とめ結び】

ミサンガの結び方のひとつ、とめ結びの結び方を紹介しております。
基本的な結び方で、数本の紐とまとめる時に使用する結び方です。
結び目が大きくならない事も特徴です。
ミサンガだけではなく普段の生活でも使える結び方なので覚えておくと良いですね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ミサンガの結び方【縦裏巻き結び】

ミサンガの結び方、縦裏巻き結びの結び方を画像を使って説明しています。
縦巻き結びの裏目を表に出したい時に使う結び方ですね。
文字などの模様が入ったミサンガを編む時に使用する縦巻き結びの裏結びになります。
この結び方もしっかり覚えておくと、文字なども模様の幅も広がりそうですね。

ミサンガの編み方【ひと結び】

ミサンガを編む時に、良く使う結び方、「ひと結び」です。
編み始めや終わりにも良く使われる結び方なので覚えておきましょう!

ミサンガの結び方【巻き付けとめ結び】

ミサンガの結び方、基本の結び方、巻き付けとめ結びの結び方を画像を使って説明します。
巻き付けとめ結びは、ロープや紐、アクセサリー作りなど、普段の生活でも使う結び方です。
覚えておくととても便利な結び方!
長さのあるものや、すべりやすい素材も物をまとめる時に用いることが多いようですね!
ミサンガ作りの際には、糸の素材や、作りたいデザインに合わせて、まとめ結びと巻き付けとめ結びを使い分けましょう!

ミサンガの結び方【まとめ結び】

ミサンガの結び方、基本の結び方、まとめ結びの結び方を画像を使って説明します。
数本の糸を1本の糸でぐるぐるぐるぐる巻きつける結び方です。
ミサンガを作る時は、芯糸となる糸の本数次第で太さの調整ができ、しかもとっても簡単な結び方なので、とても簡単にオリジナルミサンガを作ることが出来ますよ!

ミサンガの結び方【平結び】

ミサンガの基本の結び方のひとつ、平結びという結び方があります。
平結びを使って、ビーズを通したおしゃれなミサンガ作りも簡単に出来ちゃいます!
平結びもしっかりマスターしましょう!

ミサンガの結び方【横裏巻き結び】

ミサンガの結び方、横裏巻き結びの結び方を画像を使って説明しています。
横巻き結びの裏目を表に出したい時に使う結び方ですね。
文字などの模様が入ったミサンガを編む時に使用する横巻き結びの裏結びになります。
この結び方もしっかり覚えておくと、文字なども模様の幅も広がりそうですね。

ミサンガの編み方【輪結び(左輪結び)】

ミサンガの編み方の一つに、輪結びという編み方があります。今回は輪結び(左輪結び)を使ってミサンガを編みました。
輪結びもとっても簡単に出来ますよ!色々な編み方をマスターして、オリジナルの可愛いミサンガを作りましょう!

ミサンガの結び方【四つ組み】

ミサンガの結び方で「四つ組み」という結び方があります。
少し複雑ではありますが、覚えてしまうと簡単な結び方です。
丸四つ編みと呼ばれることもあるそうですが、丸く仕上がる結び方になります。
レザーやヘンプ、太めの糸で四つ組みでミサンガを編むとおしゃれなミサンガになりますよ♪
是非挑戦してみましょう!

ミサンガの結び方【裏斜め巻き結び】

ミサンガの結び方、裏斜め巻き結びをマスターしよう!
左から右に進む裏斜め巻き結び、右から左に進む裏斜め巻き結びを画像を使って説明しております。
ミサンガには色々な模様がありますよね!
オリジナルで模様を使った可愛いミサンガを結ぶために、この裏斜め巻き結びもしっかり覚えておきましょう。

ミサンガの編み方【斜め巻き結び】

ミサンガを編み方には、たくさんの編み方がありますが、今回は、基本の「斜め巻き結び」を説明していきます。
時間はかかってしまいましたが、初心者の私でも出来ました!
斜め巻き結びをマスターして可愛いオリジナルミサンガを作っちゃおう!!

スポンサーリンク

とめ結びについて

とめ結びは、ひと結びの結び方で、数本の糸をまとめる時に使います。

1本の糸で数本まとめるので、結び目が大きくならないのも特徴です。

 

とめ結びの結び方

右側の糸が結び糸、左側の糸が芯糸と見てください。
結び糸を、芯糸の下に通します。
下に通した結び糸を、そのまま上方向に持っていき、芯糸の上から、結び糸の上に重ねます。
そのまま結び糸の後ろから前にかけ、引き巻きします。
結び目をしっかりおさえながら、結び糸をしっかり引きましょう!

これでとめ結びの完成です。

 

 

とめ結びの結び目

 

 

 

最後になりますが、私は、左利き(サウスポー)です。
説明や画像に違和感を感じる場合もあるかと思いますが、ご理解頂けますようお願い致します。